このカテゴリの記事一覧

英語教育が今から必要なの??
この時期から英語って・・・ 勘違いしていただきたくないのですが、ぜひこの時期から...
楽しさを失ったら単なるお勉強に
早期教育の観点も考慮 お金をかけないという要素も大事なんですが、そもそもこの幼児...
無料のサンプルDVDだけで相当の効果が期待できる
さて内容的なものは概ね方向性は定まったとして、次は、いかにお金をかけずに進めるか...
無料のDVD教材を卒業したら、どのようにお金をかけずに取り組むのか
無料のDVD教材を使い倒してしまったら これらの無料のDVD教材をかなり使い込ん...

この時期から英語って・・・

勘違いしていただきたくないのですが、ぜひこの時期から英語の教育をスタートしましょう・・・と言っているわけでは決してありません。かと言って、幼児英語・幼児英会話に対して特に否定的なスタンスでもありません。

ただ、この時期から高い教材費をかけてスタートする必要があるのかな・・・そのような思いはあります。

たとえ高いお金を払って良い教材にめぐり合ったとしても、結局は継続していけるか否かが成功の大きな要素を占めているだろうと考えているからです。

当サイトの管理人、実は10年以上アメリカにおりました

実は、当サイトの運営者である私は高校卒業後アメリカへ留学し、最終的には現地法人を立ち上げてビジネスをスタートさせた経歴をもっていますが、とにかく英語ではとても苦労しました。

人種のるつぼであるアメリカでは、さまざまな文化や言葉をもつ人々に出会ってきました。幼いころから普通に2ヶ国語を利用している子供たちや、様々な環境を経て3ヶ国語以上を操るクラスメートなども目の当たりにしてきました。

そのような体験から、語学に堪能であることは我が子が社会に出る際に、その選択肢をより豊富なものにするであろうことは容易に、しかも、かなりはっきりとイメージすることができます。

日本の景気や就職事情等の環境が仮に悪くても、欧米やアジアでより条件の良い職を得られるかもしれない可能性は、単純に考えてみても高くなると言えますよね。

同時に、小学校から英語の授業もスタートします。

だからどうだ、ということもないんですが、我が子のことを真剣に考えれば考えるほど、今から何かした方がいいんじゃないか・・・そんな心境になるのは皆さんも私も同じだと思います。

では、管理人の私は何かしているのか

確かに、質の高いバイリンガル水準の語学力を我が子にプレゼントしたいのであれば、幼児期というのはとても大切な時期と言えるかもしれません。

まあ、バイリンガルというのはちょっと大げさですが、英語が得意であることは得にこそなれ、決して損にはならないことは確かなことですよね。

私自身も、単純に我が子に高い語学力をつけてあげられるものなら実現したいものだなあとは思うのですが、現実的には・・・幼児英会話・幼児英語の教材システムってもの凄く高額なんですよね。

加えて、そんな一式完全に揃った教材を買い込んでしまって、果たして我が子は継続して取り組んでいけるだろうか・・・

悩みますよね。

お金をかけずにできれば、やってみてもいいんでは

そのようなことをトータルで考えてみて思うことは、

  • ・今からでも英語に接する機会を持つことは悪くない
  • ・ただ、やるのであれば極力お金がかからない方法で取り組みたい

ということなんですが・・・果たして可能なんでしょうか? このカテゴリでは、このことについて少し考えてみたいと思います。

早期教育の観点も考慮

お金をかけないという要素も大事なんですが、そもそもこの幼児期になんらかの教育をするとなると、早期教育という側面のメリット・デメリットも出てきます。

私自身、我が子に英語に接する機会を持たせたいとは考えていても、右脳教育のようないわゆる「早期教育」には全く興味がありません。

今回、このテーマを考えるにあたり、早期教育を奨励、はたまた警告を発しているものや、バイリンガル教育に関する本を納得するまで読みあさってみました。

とにかく楽しく自然に身につくこと それがベスト

どのような方法が良いのかを考えるにあたり、非常に参考になったのは多言語国家の子供たちがどのような方法で言葉を習得しているか、ということでした。

私の場合、早期教育に関するデメリットをしっかりと排除しつつ、海外の他民族・多言語の国の子供たちが実践していることを真似てみよう・・・

そのような観点から日本だけでなく海外からも広く情報を集め検討してみたところ、やはりDVDやCDで英語の歌を楽しみながら聞くことからスタートすることが最適であろう、という結論を得ました。

我が家の場合、NHKの「いないいない、ばあ」や「おかあさんといっしょ」などを録画して見たいときに見せたり、「ちょうちょ」や「迷子のこねこちゃん」など幼児が好むような歌のCDを聞かせていますが、現在では、それと同じように英語のDVDやCDも取り入れています。

日本語も英語も特に違和感なく、分け隔てなく好きなものは何度も聞きたがります。そして、いつのまにか覚えてしまい、言葉はまだつたないんですが、一緒に歌ったりダンスしたりして楽しんでいるんですよね。

歌は万国共通ですね

歌の中の日本語や英語の単語が思わぬところで出てきたり、それなりに効果!?らしきものも確認できるんですが、それ以上に幼児の吸収力の高さに驚かされます。

ああ、こんなペースで取り組んでいれば、途中でいやになったりすることもなく続けていけるのかな・・・そんな印象を持っています。

内容的には、音楽や短い物語を中心にDVDやCDを一緒になって見たり聞いたり、時には歌ったりダンスしたりを維持しつつ、日本語の単語や「あいうえお」などが自然と身につくのと同じように、英語も自然に身につくようなスタンスでいこう、そう思っています。

ここで大事なのは、無理やりやらせないということですよね。それでは全く意味のないものになってしまいます。

さて内容的なものは概ね方向性は定まったとして、次は、いかにお金をかけずに進めるかということですよね。

かなり難問かと思っていたんですが、探してみるといろいろ活用できそうなものが見つかります。探してみるものですねよね。

無料のDVDや絵本などのサンプルはかなり使えます

まず第1におすすめしたいのが、幼児や子供の英語教材の無料サンプルのDVDや絵本などです。

所詮は無料のサンプルでしょ・・・そうあなどっていては正直、損しますよ。私自身、はじめのうちは無料のサンプルは無料のサンプルでしかない。そう思っていました。

ですが、今は無料のサンプル教材こそ質が高く、継続して利用していける水準だと実感しています。 同時に、複数の会社から内容の異なる無料のサンプル教材を請求・入手したため、

  • ・今後、我が子にとってどのような内容のものが良さそうか
  • ・どのようなタイプのキャラクターが好きなのか
  • ・どのような曲調の音楽に興味を示しているのか

などなど、様々なことを理解するヒントをたくさん得ることになったんです。今では、無料のサンプル教材やサンプルDVDは徹底して請求するようにしています。

できればDVDがおすすめ

このようなタイプの教材は、通常DVDかCDになります。どちらもとても効果的なんですが、CDを利用する場合は絵本と組み合わせるようになっているのが通例です。

なぜかといえば、いくら良い発音の英語を聞いても、聞いているだけでは音と意味が結びつかないからです。耳で聞いて自然に覚えていきますが、その音・発音が何を意味しているのかがわからなければ言葉を取得することはできません。

私たちの生活を考えてみるとよく理解できます。学生時代、洋楽に興味を持ち、何度も何度も聞いているうちにメインのフレーズなどは自然と覚えてしまいますよね。

覚えてはいるんですが、いまひとつ意味はわかってなかった・・・私などはそんな感じでしたが、皆さんは如何でしたか?

意味がはっきりと分らないまま過ぎていき、ある日、何かの折にたまたま昔覚えたフレーズの単語の意味を知る機会があり、そこで初めて歌全体の意味、言わんとしてることがハッキリと理解でき妙に共感した・・・

そんな経験、お持ちではないですか? 例えはちょっと違いますが、同じような原理が子供たちにも当てはまるんですよね。

「発音」と「意味」の関連付けがなされることが大事

子供は、親の喋る言葉を聞きながら、同時に動作や行動を見ていますよね。「音=発音」と、「意味=動作や物質」を自然に、かつ繰り返し関連付けして、特に教えなくてもいつのまにか単語や簡単な言い回しを使い始めます。

それは、目と耳からの情報を同時に得ることで、自然に言葉の発音と意味を結びつけているからなんですよね。

DVDの場合、耳からの情報と、目からの情報とを結びつけることがしやすいんです。なので、どちらかといえば、やはりDVDがおすすめではあります。

ただテレビを見せすぎるのは、それはそれで問題ですので、CDで英語の歌を聴くのも好き、とう状態になっておくと便利です。車の中で英語の歌を流すこともできます。

無料サンプルの最大のメリット

無料のサンプル教材・DVDなどの最大のメリットは、やはり、リスクがないこと。これに尽きると思います。

途中で飽きて継続できなくなってしまった・・・我が子には内容的にあわなかった・・・そのようなリスクは全くないんですよね。なのでとても気軽に利用できます。

同時に、様々なキャラクターや様々な内容の無料のサンプル教材が配布されていますので、複数のものを我が子に聞かせたり見せたりしているうちに、その後の方向性や、我が子の好みなどを把握することもできます。

我が家では、現状、楽しく英語に接するためのメインアイテムとして、無料のサンプル教材をフルに活用しています。

無料で請求・入手できるサンプルを以下に挙げてみます。インターネットから簡単に請求できる場合が多いのですが、中には、幼児向けの雑誌や、幼児向け服の通販のカタログに同封されていたものもあります。

インターネットから請求できないものに関しては、雑誌やカタログなどをマメにチェックしてみてください。

「ディズニーの英語システム」
 我が家の定番です。子供もこれが一番好きみたいです。1歳半くらいで既にダンスを覚えてしまい、一緒にダンスさせられています。

「セサミえいごワールド」
 我が家ではディズニーの方が人気がありますが、アメリカではセサミストリートと言えばものすごい信頼を得ていました。老舗といった印象ですよね

「えいごではなそうペッピーキッズワールド」
 見たことありそうでたぶん見たことないキャラクターなんですが、かなり気に入ってよく見ています。意外でした。

「えいごであそぼ PLANET」
 NHKで番組やってますよね。ついこの間、たまたま雑誌で無料体験DVD申込みのハガキを発見したので申し込んでみました。ネットからも請求できるみたいです。

「マザーグースワールド グースキーのぼうけん」
 こちらもハガキから請求したサンプルです。マザーグースは、ディズニーと比較するとそこまでメジャーな感じはしませんが、海外では定番中の定番、そんな存在です。ご存知の方もかなり多いことと思います。個人的には、根底に平和でフレンドリーなスローガンを感じ好感を持っています。我が子もかなり好んでいる様子です。

無料のDVD教材を使い倒してしまったら

これらの無料のDVD教材をかなり使い込んだら、そろそろ次のステップのものがあればなあ・・・そう考えるようになると思います。

我が家でも同様に、次の展開をどうするか考えています。もちろん、お金をかけずにいかに高いレベルの成果をあげるかが、私の基本中の基本のスタンスであることに変わりはありません。

どこまでが可能かは現状ではわかりませんが、インターネットを利用すると、アルファベットを覚えたり、正しい発音(フォニックス)を身に付けたりなど、かなりの部分までは全くお金を使わず「楽しく自然に英語が身につく」というスタンスを実践していけそうです。

サンプル教材卒業後も「楽しく自然に」を無料で継続

実は、海外の英語圏のネット上には、無料の英語・英会話の教材となりうるサイトがいくつも点在しています。

現在、パートナー(嫁 ⇒アメリカの4年制大学卒、帰国後某英会話スクールにて幼児・子供英会話を担当)と共に、世界中の英語圏のエリアから、質が高く活用できそうなウェブサイトの徹底した洗出し作業を行っています。

実際、我が家ではそれらを既に利用し始めています。今後、体系的にまとめて当サイトとは別に姉妹サイトとして立ち上げる予定です。

世界中のサイトを閲覧できるというインターネットのメリットを最大限いかせれば、私の最終・最大の目標である、「我が子をバイリンガルに育てる」ということが、ひょっとしたらかなりの水準まで無料で実現できるかも・・・そんな感触を今のところは感じています。

*当初は姉妹サイトが立ち上がり次第当サイト上でお知らせする予定でしたが、新サイトが開設したらメールで知らせて欲しい・・・というお問い合わせを非常に多数の方々より頂きました。

当サイトのフッター部に「お問い合わせ」を設けておりますが、姉妹サイト開設のお知らせメールをご希望の方は以下専用フォームをご利用ください。

専用フォーム(姉妹サイト開設のお知らせ専用です)

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析