このカテゴリの記事一覧

認証保育所とは
認証保育所とは 認可・認可外(無認可)という区分は、国の定めた基準によるものです...
認証保育所の特徴
認証保育所「A型」 認証保育所には「A型」と「B型」の2種類が存在してます。 A...
認証保育所に対するコメントや感想等
認証保育所の置かれている状況 認証保育所は、認可園に申し込んだものの、最終的には...
認証保育所を利用するには
認証保育所を利用する際は、各認証保育所の運営者をしっかり把握することと、慎重に契約を進めることが重要です。
認証保育所の不祥事の事例
東京都認証保育所制度スタート以来、初の処分 東京都の認証保育所「じゃんぐる保育園...

認証保育所とは

認可・認可外(無認可)という区分は、国の定めた基準によるものですが、認証保育所は東京都が独自に運用している制度です。

いわゆるの認可保育所の設置に関する厳しい基準の下では、大都市圏での設置・実際の運営が難しかったり、他方、サービス面においては、0歳児保育が提供されない保育所があったりと、ライフスタイルが多様化している東京都民の保育に対する要望に、必ずしも対応できていたわけではありませんでした。

そこで東京都は、地価が高く、低年齢児の待機児数の多い都市部独特の事情に沿う形で、国の認可より多少緩和された都独自に設定した基準をもうけ、都と区が補助する形で、認証保育所という制度を運用しています。

原則的に、13時間以上という比較的長めの保育時間を実現しており、0歳から入所することができます。

駅前に設置し、利便性の考慮を基本としたA型と、いわゆる保育室制度から移行されたタイプを主とし、小規模である特徴を最大限生かして家庭的な保育を実践するB型があります。

定員・対象年齢

認証保育所には「A型」と「B型」によってその性格や役割が異なっています。A型は0~5歳の子供が対象で、定員は20~120人となっており、B型は0~2歳の子供が対象で、定員は6~29人となっています。

認証保育所の役割

子供を持つ保護者からのニーズは様々です。特に、大都市圏においては雇用形態、就業時間帯等に関しても非常に多様なパターンが存在しています。

例えば、

残業の割合が多いので、それに対応してもらえれば・・・
駅前など、効率的に送り迎えができれば・・・

などなど、育児・子育てと仕事を両立したいというニーズや必要性などが様々な形で混在しています。

ますます多様化の一途をたどる保育に関する要望の声を汲み、対応できる環境を整えるために、東京都では「認証保育所」制度を創設、独自に運用していくことになったわけです。

利用者である保護者と運営側の施設とが直接契約する形を取り入れ、民間企業等の様々な事業運営者のユニークさや、工夫がダイレクトに発揮されるような全く新しいタイプのの保育園・保育所となっています。

現在は、それぞれが地域のニーズや実情を汲んだ保育サービスが展開され、利用者からも支持されているようです。民間のアイデアや運営手法など、多方面の事業者の熱意が上手に反映された望ましい状態になっています。

費用

保育費の設定に関しては各認証保育所が行っていますが、上限が設定されています。一般的には月額で7~8万円程度といわれています。

認証保育所「A型」

認証保育所には「A型」と「B型」の2種類が存在してます。

A型は対象を0~5歳の子供とし、定員を20~120名としています。 園庭となる屋外遊技場を設置するか、又は近隣に公園などの代替となる場所を確保できることが必須条件となっています。

このような条件からか、A型の認証保育所を運営しているのは、ほとんどが民間企業となっているようです。東京都としては、A型の認証保育所が駅前に設置する事業者を歓迎しているようで、開設準備にかかる経費に対し補助金が支給されています。

認証保育所「B型」

B型は対象を0?2歳の子供とし、定員を6~29名としています。A型にて必須とされていた園庭、屋外遊技場等は特に規定されていません。非常に小規模な形ですが、低年齢の乳児の保育に特化した形といえるでしょう。

運営者も、個人、又はNPO法人となっています。このような小規模であるという特徴を逆に利用して、より細かなニーズに対応すべく、利用者にとってより便利なサービスも提供されているようですね。

認可園との違い

認証保育所と認可園との実質的な違いとして、以下を挙げることができます。

◆入所の申込みは、入所希望の認証保育所に直接行う
認証保育所では、申し込みは園に直接行い、保護者が直接的に契約する形になっています。市区町村にて一括管理され、保育の必要性の優先度の高い子供から入所させるシステムとは正反対の形となります。

◆保育料は保護者の年収とは関連せず、一定の金額になる
いわゆる認可園では、収入額に関連し段階的に保育料が割り振られていて、且つ、同一の市区町村内では同額というシステムです。

これに対し認証保育所では、月額に8万円以下の範囲内で、認証保育所側が自由に設定できることになっており、保護者の年収等による段階的な料金システムはありません。この場合、月間での利用時間が220時間以下であることが基準となります。

◆保育サービスのための開所時間が長い
認可園の保育時間は、延長保育や夜間保育の有無はあれ、11時間が基本的なラインになっていますが、認証保育所では、13時間以上が義務として定められています。様々な業種・雇用形態・雇用時間に、より対応が可能となる体制になっています。

認証保育所の置かれている状況

認証保育所は、認可園に申し込んだものの、最終的には子どもを入所させることができずに困惑している保護者にとって、非常に有難い保育施設であると言えるでしょう。

反面、核となる保育の質というポイントに焦点を絞り込んで着目してみると、各認証保育所ごとに大きな開きが存在することも浮き彫りになっているようです。

保育園・保育所を増やし、待機児の問題の解消に取り組んでいく中で、保育サービスにかかるコストを抑えつつ、どのようにして保育の「質」を維持していくのかが、現在、真剣に問われています。

認証保育所による、保育サービスの"量"と"質"の両要因を充実させるためには、各認証保育所の運営者、保育士、保護者、そして行政が、率直で密度の濃い意見交換を行い、最終的な共通の目標の実現に向けて、より一層歩み寄っていく姿勢が求められていると言われています。

実態は、施設ごとにバラつきが

そんな中、現状の認証保育所に対し様々なコメント・意見・感想等が挙がっています。

実際に子供を認証保育所に預けることになった場合、少しでも安心がもてるよう、現状の問題点やメリットなどを把握しておくことは大切でしょう。ここでは、主な要因を掲載してみましょう。

◆保護者にとって非常に便利なサービスが提供されている
もともと、大都市の多様なライフスタイルによるニーズに少しでも対応すべくスタートした認証保育所だけあって、やはりサービスは納得度の高いものが提供されているようです。

忙しい保護者にうれしい玄関での子供の受け渡し、オムツやシーツの保育所側による処理、英語教室などはその好例と言えるでしょう。

◆保育士のスキルが低い場合がある
実際に子供を預けている保護者や、体験訪問などを行った保護者の中には、 保育士のレベルを問題視する意見もあるようです。

子供の知育、運動能力、人格形成等にとって非常に大事な時期であるのに、与えられる遊びや指導の質が低いと感じるケースが報告されています。

◆認可園との相違を感じない
認証保育所は、いわゆる無認可の保育施設であるわけですが、だからといって認可園と比較してもほとんど劣る要因は見当たらない、という意見もあります。

園長の経験が豊富であったり、人格的な面も魅力的であり、保育士やその他の職員に対し、非常に良質なリーダーシップが発揮できているようなケースでは、認可園と同じような水準の保育が実現できているようです。

◆1年の短期契約の保育士が主要となっている
保育の質の開きは保育士に起因すると言われていますが、認証保育所に勤務する保育士の大多数が非常勤保育士である、又は、1年という非常に短期の契約の常勤であるという点は否めないようです。

何か一つのスキルを形成する際、やはり、継続的に専門分野に携わることが大事なのはどの業界でも同じですが、非常勤や短期契約の常勤が主体では、中長期にわたる保育士の育成に取り組みにくい状況と言わざるを得ないでしょう。

認証保育所を選ぶ際に

このように見てみますと、良い面、改善を必要とする面が混在していると言えます。ただ、冷静に考えてみるとこれは普通の状態であるとも言えますよね。

認可園であっても、必ずしも全ての施設で満足度の高い保育が実践されていると100%言い切ることはできないでしょう。

そう考えると、やはり各認証保育所ごとに評価されるべきで、認証保育所全体を同一のものとしてしまうのは危険だといえます。

利用をお考えの場合は、保育所ごと個別に足を運ぶなり、体験談等をできるだけ集めるなりして、個々の施設ごとにサービスの質や実態を見極めていくことが何よりも大事です。

まずは運営者を把握しましょう

認証保育所を利用する方は、直接、各認証保育所に申込みます。東京都では、契約時に、各認証保育所にて保護者の方へ「重要事項説明書」という書類が配布されます。

保育サービスの内容と詳細、施設の概要、事業運営者に関するインフォメーションなどを説明することが義務づけられているわけです。

よって、まずは、「重要事項説明書」により事業者から直接、具体的な説明を受け、当該認証保育所に関して認識を深めた上で、事業者を選択し、契約作業へ進まれることをおすすめします。

認証保育所の契約に際して

実際に認証保育所の保育サービスを利用する場合は、事業者との間で、直接、契約書を作成し締結する形になります。その際、重要なのは契約内容です。

東京都より、「モデル契約書」というものを入手できるようですので、ぜひ参考にされ、入所予定施設の契約内容のを十分に確認すべきです。

契約とは、両者の権利や義務関係を整理し、今後起こりうる問題等が円滑に解決できるようにするための取り決めです。大切な子供を今後中長期にわたり預けるわけですから、できるかぎり不明な点はハッキリさせておくことが大事ですよね。

未来を予測することは非常に難しいことですが、起こりうるトラブル、その際の権利関係等をできる限り洗い出し、事業者側とじっくりと話合う機会を持つことは、将来的なトラブルを防止するという観点からも非常に有効なことです。

不明な点、曖昧だと感じる内容に関しては、徹底して明確にしておくべきでしょう。

東京都認証保育所制度スタート以来、初の処分

東京都の認証保育所「じゃんぐる保育園」が、保育士が大幅に不足した状態で運営していたとして、認証取り消しの処分が行われることが決定しました。2008年3月20日に方針が固まり、翌21日に認証取り消しが正式に決定となります。

同園を運営していたのは、さいたま市の「日本保育支援協会」という民間の株式会社で、2007年の8月と12月の2回にわたり立ち入り調査が実施されており、12月には改善指導が行われてました。

不正に受け取っていた東京都からの補助金の数千万円の返還も求めていくことになるようです。

そもそも東京都の認証保育所制度は、深刻な待機児童問題の解消を目的にスタートしたわけですが、このような処分が決定された結果となったことは非常に残念といわざるをえません。

ただ、現在のところ、入所していた乳幼児に何らかの問題、悪影響等が発生したような状況にはないようですので、大事に至る前に対応が取られたことに関しては良かったと思います。

何が問題だったのか

東京都の認証保育所に関する要綱によると、定員30人にて認可されている同園は、本来、施設長を含め合計7名の保育士が必要とされていますが、最初の立ち入り調査が行われた2007年8月までは、実質2名の保育士しか勤務していなかったようです。

様々な面で問題となる行為があったようですが、ここでは大切な我が子を預ける側である、我々保護者の立場として見た問題点を以下に挙げてみます。

  • ◆絶対的に保育士が不足している
  • ◆入所している乳幼児の成長に沿った年間指導計画が作成されていない
  • ◆調理担当者の義務である検便が実施されていない

どれもしっかりと遵守してもらわないと、子供を預けるわけにはいかない項目ばかりです。

正直、ずさんな管理といわざるを得ません。保護者としては、このような保育所には子供を預けないようにしなければなりません。

そのためには、保育所を選ぶ際の見学、下見が欠かせません。当サイトの「保育所選びのポイント」カテゴリをぜひ参考にされていただければと思います。

今回は認証保育所で問題が発生しましたが、全ての認証保育所がこのような体制であるわけではありませんし、逆に言えば、認可保育所だから大丈夫だと言い切ることもできません。

やはり、入所を検討している個々の施設に関して情報をしっかりと集め、下見・見学で直接確かめることが肝心です。実際に通っている方々の体験などもできるだけ集めたいですね。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析