無認可保育所とは

認証保育所や認定保育施設も無認可保育所に含まれる

無認可保育所とは、一般的には認可保育所以外の保育施設を指します。児童福祉法で定められた基準をクリアーし、各都道府県や市区町村から認可を受けた施設が認可保育所であるわけですが、無認可保育所とは、それ以外の保育施設の総称です。

東京都が運用している制度である認証保育所も、厳密な区分けをすれば無認可保育所に含むことができます。

これと似たケースとして、東京都以外の1部自治体にて「認定保育施設」や「認定保育室」など、個々の自治体が独自に設けた基準をクリアーした施設に対し、公的な支援が実施されているケースがありますが、これも厳密には無認可保育所の中に含むことができます。

ただ、このような認証保育所や認定施設と、一般の無認可保育所とを切り離して考える方が無難でしょう。

無認可保育所とは、認可保育所でなく、同時に認証保育所でもない、いわゆる公的支援等が全く、又はほとんど注入されていない園を指すという認識が適当である場合もあります。

その他の無認可保育所

その他の施設としては、ベビーホテルや、保育士が規定の人数を満たしていない状態の保育施設、深夜に限定して開所される保育施設などが無認可保育所に含まれます。

また、民間企業や大学等がその職員や学生に対して保育サービスを提供すべく開設している事業所内保育所や、大学併設の保育所も無認可保育所となります。

大企業や有名な大学の保育所であるのならば、おそらく運営や規模の面においても問題が少ないケースも多く、認可が与えられても良いのではと考えがちです。

ただ、認可や認証が与えられる保育所には、公的な支援や補助金・助成金等が投入されます。ある特定の組織に属する保護者のためだけにしか保育サービスを提供できない施設に対し、公的な資金が投入されるのはいかがなものか、という現実的な問題があると言われています。

そのため、たとえ日本を代表するような国立大学に併設されている保育所であっても、無認可保育所に属することになります。

無認可保育所の保育料

無認可保育所の保育料の設定は各保育施設が行います。無認可保育所は、認証保育所や認定保育施設等を除き、公的補助による支援はほとんど受けていません。

よって、認可保育所を利用する場合と同じような保育時間にて利用すると、月額10?15万円程度の保育料になってしまうケースもあるようです。事前にじっくりと検討することが必要でしょう。

ただ、上記のような高額な保育料となるのは一例で、利用方法にもよりますし、各無認可保育所によっても違ってきます。広く情報を集め、効果的な利用を心がけましょう。

民間企業や大学等が設置・運営している無認可保育所では、母体組織による支援により、保育料が抑えてられているケースや、逆にそのような支援が全くないケースなど様々です。

利用を検討される方は、各無認可保育所にて詳細を確認されることをおすすめします。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

この記事に関連する記事一覧

無認可保育所とは
認証保育所や認定保育施設も無認可保育所に含まれる 無認可保育所とは、一般的には認...
無認可保育所に属する施設
無認可保育所は、個人や各種団体、民間企業等さまざまな機関等が設置・運営しており、...
無認可保育所の現状
無認可保育所に対する指導・監督 平成13年に児童福祉法の一部が改正され、平成1...

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析