このカテゴリの記事一覧

認可保育所の申請から入所まで
認可保育所へ申請から入所までの流れを把握しましょう。認可保育所では、4月から入所するケースと年度途中にて入所するケースがあります。ここでは、それぞれの流れについて解説しています。
保育所の入所申請に必要な書類
認可保育所へ申請する際、様々な書類が必要になってきます。ここでは実在する自治体の、認可保育所への入所申請書類について解説しています。
入所できなかったらどうすればよいか?
認可保育所へ申請しても入所できないケースも十分起こります。そんな時どうしたら良いのでしょうか。認可保育所以外に活路を見出し、職場復帰できる道を探ります。
保育所でのならし保育
保育所での生活をスタートする前に、ならし保育はぜひ必要だと言われています。ならし保育の重要性や、ならし保育秘話など、保育所生活をスタートする上で大切な内容について解説しています。

4月入所申請の場合

  1. 申し込み
  2. 市区町村の窓口にて、管轄エリアの保育所に関する案内をもらい、入所を希望する保育所についての情報を再確認し、入所申請書・必要書類を提出して申請します。
    自治体によって異なりますが、継続入園の場合、在園児の兄弟、管轄エリア内に住所がある場合などが優先される傾向にあるようです。

  3. 面接通知が届く(1月上旬)
  4. 面接の実施(1月下旬?2月上旬)
  5. 自治体による審査
  6. 定員に空きがあれば希望する保育所に入所できますが、希望者数が定員を超えている場合、自治体の審査会議にて決定されます。
    ほとんどの市区町村では、毎月入所の優先順位を決める会議を実施。保護者の労働状況(フルタイムかパートか自営かなど)や病気の程度、同居家族の有無などに応じて、保育の必要性を調べてから入所が決定されます。

  7. 入園内定(2月末)
  8. 各保育所にてオリエンテーション(3月後半)
  9. 入所予定の各保育所にて説明会が行われます。保育所で生活する上で、重要な連絡事項や準備すべき物などについて伝えられます。

  10. 入園(4月1日)
  11. ならし保育

年度途中入所申請の場合

  1. 申し込み
  2. 自治体の審査
  3. 入園内定の連絡(各月の25日頃まで)
  4. 各保育所にてオリエンテーション
  5. 入園(翌月1日)
  6. ならし保育

*認証保育所の申請に関しては、「認証保育所カテゴリー」を参考にされてください。

ここでは、東海地方のある自治体が実際に規定している必要書類について挙げてみます。各書類の呼称、提出書類の種類が多少異なるケースもあると思われますが、概ね、どの自治体も似たような書類の提出を求めていますので、参考にされてください。

保育所入所申込書・保育児童台帳

基本の書類です。この中で、入所希望の保育所の第3希望程度までを自治体側に伝えます。その他、保護者の氏名、生年月日、勤務先、家族構成等を記載します。

保育できない状況を確認する書類

子供と同居、生計を同じくしている18歳以上65歳未満の全ての方について、保育ができないことを証明する書類が求められます。勤務証明、出産予定の母子手帳、医師による診断書、身障手帳等、在学証明書などがこれに該当します。

保育料を算定する根拠となる書類

子供の両親について以下の書類が必要になります。

  1. 前年度分の確定申告の控え・第1表及び第2表
  2. 前年度分の源泉徴収表
  3. 当年度分の市県民税申告書、又は当年度分の住民税課税(非課税)証明書
  4. 前年度分の住民税課税(非課税)証明書(該当者のみ)

その他の書類(該当者のみ)

  1. 外国人登録済み証明書
  2. 保育申立書
  3. 光熱費の領収書

上記必要書類の中には、同居の家族に関しての情報を記載する箇所があります。その際の同居の家族とは、入所予定の子供と同居している全ての方が対象になります。

住民登録で世帯分離をしていたり、同一敷地内の別棟に居住していても生計が同じである場合は同居とみなされるケースが多いようです。

必要書類の種類や各用語の解釈等は、各自治体で異なることもありますので、実際に申請される場合は窓口等で詳細について確認されてください。

待機児童が多いとき

申請前の段階で待機児童の数を知り、完全な満員状態であっても簡単にあきらめないことが大切です。そのような場合は、まず入園申請の窓口で直接相談を持ちかけてみると良いようです。

欠員の見通し、自分の優先順位の状況、管轄エリア内で入所できる保育所があるかなど、考えられる可能性は全てトライするくらいの意気込みで相談してみましょう。

そのような必死さも、実は非常に大切なアピールとなるケースもあるようですよ。

あきらめず申請だけでもしておく方の中には、必要書類とは別に、保育所での保育サービスがどうしても必要である理由について、現在の状況を交えて細かく記載したレターを添えるという手段を取る方もおられるようです。

近隣の自治体にあたってみる

管轄エリア内の保育所が満員で入所できない場合は、仕事先の周辺や通勤途中の施設を利用させてもらう方法もあります。これを管外委託といいます。

申請は自分の管轄の自治体へ行います。そこから、自治体同士で保育サービスを委託する形になるようです。

保育料に関しては、管轄の自治体の基準が適応され、差額は自治体が対応してくれます。これも優先順位をつけられてしまえば、優先度は低い状態といわざるをえませんが、一応あたってみる価値はあると言えます。

勤務先の事業所内保育所を利用する

勤務先に事業所内保育所が併設されていれば、そこを利用するのも良いでしょう。逆に地元の認可保育所より、職場の事業所内保育所の方を率先して利用している方も多いかもしれません。

「事業所内保育所カテゴリー」内でも記載させていただいてますが、無認可ではあっても、サービスの質や内容は認可保育所を凌ぐ施設も存在しますので、一度見学されてみてはいかがでしょうか。

事業所内保育所は、勤務時間に対応したサービスや、送迎時間が短縮できることも去ることながら、最大のメリットは、職場から非常に近い場所に子供を預けているという安心感だという体験談が非常に多いです。勤務先にこのようなサービスがある場合は、大いに活用されるべきでしょう。

認証保育所・認定保育施設、保育ママ等を検討する

同じ無認可保育所でも、各自治体によって設けられた基準をクリアーしている認証保育所や認定の保育施設も検討すべきです。

このようなタイプでは、いわゆる認可保育所のサービス内容や質を超える施設もありますし、逆に、著しくその質が落ちる施設もあるようです。

認可保育所も質のバラつきが存在しますが、それ以上のバラつきがあると想定した上で、情報収集、見学等を行うと良いでしょう。ただ、やはり肝心なのは各施設ごとにしっかりと検証や判断を行うことです。

所詮、認可保育所ではないから・・・というような偏った見方をしていると、せっかくの良い条件が整った施設を見逃してしまう場合もあります。やはり、冷静に見極める姿勢が問われます。

これ以外にも、いわゆる一般の無認可保育施設である託児所やベビーホテルなども良いサービスを提供しているところは存在します。幅広く情報を集めて検証する必要があります。

ならし保育は急がば回れ!

入園後1~2週間程度、子供が保育所での新しい生活に慣れるまでは、短い保育時間から徐々に通常の保育時間へシフトしていく、いわゆる「ならし保育」が実施されます。(ならし保育を実施しない施設もあります。)

通常は入園の初日からスタートします。まずは保護者と共に、保育所にて過ごすことから始まります。

親がいますから、普段見慣れない環境であってもあまり関係なく、施設のおもちゃで遊んだり、キョロキョロしたり、どちらかというと楽しんでいるようです。子供からしてみれば、子育て支援センターで遊んでいるような感覚かもしれません。

実は親のための慣らしのケースも

そこで給食を実際に食べたり、担当の保育士の方と遊んだり、保育所生活を少しずつ体験します。最初は1時間とか2時間、それが段々と長くなっていきます。

2~3日目あたりで、早くも親は様子を見計らって退出。子供が遊びに夢中になった隙をみて、ササッと保育所を出るパターンが圧倒的でしょう。

見事に泣かれるケースもあり、保護者の方も後ろ髪を思いっきり引かれる思いとなります。親のための「ならし保育」という冗談のような事実のような言われ方も存在します。

この段階で、予想外に泣かない子も結構いるようですが、その場合、後から泣くようになるパターンもかなりあるようで、なかなか難しいようですね。

親から離れるのがつらい反面、同年代のお友達と遊ぶのが大好きな子は、案外スムーズに保育生活に適応できていくようです。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

関連ワード(50音順)

お探しの情報は見つかりましたか?
Google

Googleマップで地図をチェック

QLOOKアクセス解析